alstamber lab

ガジェットとキャッシュレス決済とホテル徘徊が好きな人のブログです。

私のクレジットカード構成 2022年1月版

ガジェットとキャッシュレス決済とホテル徘徊が好きな人のブログです。

とタイトルのところに書いていますが、キャッシュレス決済の記事を長らく書いていませんでした *1

そんなわけで久しぶりに私が持っているクレジットカードの構成を紹介してみようと思います。こういった記事を以前いつ書いたか振り返ってみると、2019年10月に書いていました。実に2年以上経過しており、少し変わってきた部分もあります。

alstamber.hatenablog.jp

方針

クレジットカードの構成を決めるにあたって、前提としている方針です。こちらは特に変化がありません。

  1. 契約枚数が10枚以上にならないようにする。経験上10枚以上になると管理が大変です
  2. 日本における主要な国際ブランドのうちDinersを除く Visa, Master, AMEX, JCB を1枚以上持つ。Dinersは別に嫌いではないのですが、もう少し大人になってからでも良いかなと思っています。他のブランドは日本に住む限り持つ利点が小さいので、今のところは作りません

これに加えて、新型コロナの影響でマイルに対する興味が薄れつつあるというのが、2年前からの変化だと思います。その関係で、カードの構成を変えたり、メインで使うカードを変えたりしています。

メインカード

普段の決済に使ったり、特典を積極的に使っているカードです。

KITTE丸の内 エポスゴールドカード

もうすぐ持ち始めて3年になるカードです。エポスゴールドのデザインが好みでなかったのでこのカードに切り替えてもらったという経緯があるのですが、エポスゴールドのデザインが刷新され、今このカードを持っているのは物珍しさくらいになっています *2

このカードの利点は2年経ってもそれほど変わっていないと思います。ゴニョゴニョすることでポイントが追加で0.5%ぶんもらえる方法がなくなってしまいましたが、それでも年会費無料で作成ハードルも高くないのにそこそこのゴールドカードの特典が受けられることと、選べるポイントアップショップがあること、年間100万決済でボーナスポイントが1万ポイントもらえることは大きな利点です。

選べるポイントアップショップは、あらかじめエポスカードが決めた店舗のうち3つを選んでその店舗で買い物をすると通常の3倍のポイントが得られるというサービスです。通常の還元は0.5%なので、3倍だと1.5%還元となります。私は東京電力NHK受信料、それからモバイルSuicaを選択しています。定期的に支払いが必要な光熱費と受信料を払うだけで1.5%還元。iPhoneSuicaにチャージするだけで1.5%還元。大きいですね。貯まったポイントはそのままエポスカードでのモバイルSuicaの支払いに充当できるのでポイントの使い道に困ることもありません。あとはボーナスポイントのために年間100万決済をするだけです。選べるポイントアップショップだけだと流石に100万も使わないので、適当なお店で使って100万決済しています。Visaブランドなので大体どのお店でも使えるのが便利ですね。

アメリカン・エキスプレス プラチナ・カード

もともと決済にはほとんど使っていなかったのですが、私が愛用している通販サイト「ヨドバシ.com」でボーナスポイントが付与されるようになったことと、年会費へのポイント充当レートが改善したことを受けて、この1年でそれなりに決済に使うようになりました。

遠いところにバンバン旅行に行く生活スタイルの人じゃないとなかなか乗りこなせないカードだなと思っていましたが、新型コロナの影響でそういう使い方が難しいことをアメックス側も認識しているのか、カードの特典やキャンペーンがより身近で使いやすいものに修正されてきているようです。スマホ保険が付帯するようになったり、身近なお店で使うことでキャッシュバックが得られるキャンペーンが実施されたりですね。いろいろなところで美味しい思いをさせてもらいました。

アメックス側はこのカードの売りの一つがコンシェルジュサービスだと思っているでしょうが、それ自体は実際のところあまりできることが多いわけではありません。そういった人的サービスを求めるなら他のカードのほうが良いように思います。世間のイメージとは違って、意外と俗っぽいカードだなというのが最近の気持ちです。

ANA Visa スーパーフライヤーズゴールドカード

2年前はANAカードとしてANA 一般カードのMasterブランドを持っていましたが、これをANA Visa ワイドゴールドカードに差し替えて、その後スーパーフライヤーズカードの入会資格を得たので、ANA Visa スーパーフライヤーズゴールドカードに切り替えました。

Visaブランドなのでどこでも使えるのと、ポイントが決済ごとではなく月の決済額の合計に対して計算されるので少額決済に使いやすいのがポイントです。ゴニョゴニョすれば還元自体も悪くありませんし。

マイルに対する興味が少し薄れてきている私にとっても、このカードは都合が良いです。ANAカードは一旦カード会社のポイントを貯めてそれからマイルに変換できるので、マイルの実質的な有効期限を先延ばしにできるのです。JALカードでマイルを貯めようと思うと直接マイル積算しかないので、この方法が使えません。

三井住友カードレス Master

f:id:alstamber016:20220103140924j:plain

三井住友ナンバーレスが登場したときにMasterブランドで作成、その後昨年12月にカードレスに切り替えました。Masterブランドにしているのは、もともと持っていたANA 一般カードのMasterブランドをVisa ワイドゴールドに切り替えた結果、Masterブランドのカードが手元からなくなったためです。

このカードの使用目的は1つだけで、コンビニ3社とマクドナルドで5%還元を得るためのものです。それ以外のお店では一切使っていません。そういう使い方なので物理カード自体も不要と判断して、カードレスに切り替えました。

サブカード

スターウッドプリファードゲスト アメリカン・エキスプレス

ブロガー御用達のカードです*3。もともと決済によく使っていたカードだったのですが、最近はほとんど使わなくなってしまいました。このカードの良さは

  • Marriott Bonvoy ゴールドエリート資格を取得できる
  • 決済で貯まるポイントが世界の様々な航空会社のマイルに最大1.25%還元で変換可能
  • Marriott 系列のホテルに年1回無料で宿泊できる

点だと思いますが、Marriott Bonvoy ゴールドエリート自体には最近あまり価値を感じなくなっていますし *4、マイルに対する興味が薄れてきているので、マイルを貯めやすいという利点も以前ほど魅力を感じなくなってきています。もちろんマイルに変換せずにMarriott 系列のホテルで使うこともできるのですが、それはそれでMarriott 系列にこだわらずいろんなホテルに泊まってみたいと思っているので、縛られる感じが自分と合っていない。あと残っているのは年1回の無料宿泊で、これはいまのところ年会費以上の価値に変換できているので、もうしばらくは維持しようかなと思っています。

セゾンゴールド アメリカン・エキスプレス

本来は年会費11,000円のカードですが、年に1回以上決済で年会費無料という条件で持っています。この条件での入会は私が入会した頃はそれなりに珍しかったですが、最近は堂々とSMSや電話でインビテーションを送っているようです。

www.saisoncard.co.jp

年会費5桁のゴールドカードなので、ゴールドカードとしての性能は申し分なしのカードなのですが、他に色々カードを持っていることもあって、決済ではほとんど使っておらず、月に200円ほどの定期的な決済をしているだけです。このカードは月決済額合計1000円あたり5円相当の還元があるシステムなので、ポイント還元も一切されていない状態です。このカードには独自の特典があったりするのですが、それもいまいち把握できておらず、ちょっともったいない感じです。

セゾンカードを一回解約すると再度入会が難しそうなので、今後もなんとなく維持し続けるカードだは思います。

JALグローバルクラブ JCB CLUB-A ゴールドカード

もともと同じシリーズのプラチナカードを持っていましたが、新型コロナの影響でJALへの搭乗が減ったのもあり、ダウングレードしました。

以前はJALマイル積算のために日常決済でも積極的に利用していたのですが、最近はJALの航空券を買うときぐらいしか使っていません。その航空券を買う頻度が低下しているので、おのずと使う機会は減少しており、1円も決済しない月も多いです。JALカード特約店を意識するのも面倒になってきたので、さらにダウングレードすることも検討しています。JALグローバルクラブからの退会は考えていないので、CLUB-A カードへのダウングレードとなると思います。

JCB CARD W

もともとJCB ゴールド・ザ・プレミアというカードを持っていたのですが、サービスが他のカードとかぶっていることもあって、このカードに切り替えました。

年会費無料でポイント1%還元、特定店舗ではさらにボーナスポイントも加算されるので、なかなか良いカードだとは思うのですが、特典を今ひとつ活かしきれていないのが現状です。ただJCBカードは↓のようなことがあるので解約をするには惜しいんですよね。

昨年12月に券面の刷新が行われ、番号の裏面化とエンボスレス化が実施されました。新しいデザインは個人的に気に入っています。

*1:アメックスからの誕プレ報告をしましたが、これはちょっと違うでしょう

*2:KITTE丸の内の優待は普通のエポスカードでも受けられます

*3:紹介ポイントが増えると褒める人が増えて、減ると価値がないと言い出す人が増える。わかりやすいですね

*4:新型コロナの影響で会員資格のハードルが下がり、プラチナ以上を持っている人が異常な勢いで増えていることもあると思います

2021年今年買ってよかったもの

2021年が終わったので、2021年に買ってよかったものを紹介します。

オフィスチェア

リモートでの勤務が長引くこともあって、ついにオフィスチェアを購入しました。○塚家具などで試座した上で最終的にオカムラコンテッサセコンダという椅子を買いました。最初はコンテッサセコンダは微妙だなと思っていたんですが、きちんと調整機構をフル活用したところしっくり来ました。

結構高い買い物でしたが、クッション座は本当に座り心地がよく、長時間座っていてもつらくならないので、生活の質がアップしたと思います。この手の椅子は注文から納品まで結構時間がかかるので、欲しいなと思っている人はできるだけ早く行動することをおすすめします。

PC用のモニター

椅子を新調するのに併せてPC用のモニターも買いました。EIZOFlexScan EV2785というモデルです。確かヨドバシで10万くらいでしたが、某カード会社の施策のおかげで76,000円くらいで買えました。

日々の作業の際に使っていますが、本当に目が疲れにくく助かっています。スピーカーの音質は最低ですが……。

併せてエルゴトロンのモニターアームも買いました。

これのOEMという噂のHPのモニターアームでも良かったのですが、当時価格差が殆どなかったので保証期間の長さを買って本家を購入しました。

動きもなめらかですし、モニターの下がスッキリするので快適です。

Apple Watch Hermesのレザーバンド

ちょっとだけよそ行きのときにApple Watchにつけるバンドが欲しいなあと以前から思っていたのですが、ツルッと手が滑ってApple Watch Hermesのバンド部分だけ購入してしまいました。購入したのは44mmケース用ヴォー・スウィフト(黒)アトラージュ・シンプルトゥールレザーストラップというものです。今Appleのオンラインショップで見たところ売り切れになっていたので、もしかしたら終売しているのかもしれません。エルメスのバンドは結構すぐ終売するらしいので、もし欲しい物があればすぐ注文したほうが良いですね。

本体部分はもともと持っていたSeries 5のブラックチタンを使いまわしていますが、特に違和感なく使えています。革の質感も良いですし、バックル部分の艶感も気に入っています。Dバックルじゃないので着脱はけっこう大変ですが。

手首が160-195mmの人にフィットすると公式には書いてありますが、私の手首がちょうど160mmくらいで、これだと一番きついところで締めても少し緩いくらいです。普通の腕時計ならそれくらいゆるくても良いんですが、脈拍センサーとかがついているApple Watchだとそれで大丈夫なのかはちょっと心配です。

Xperia 1 III

2年ぶりにスマホを買い替えました。今回は割と迷いなくSonyXperia 1 IIIを購入しました。

カメラはXperia 1と比べても大幅に強化されており、世界的に見ても高い水準に到達したのではと思います。Sonyスマホはカメラに力を入れていると言いつつも、長年実態が伴っていない印象でしたが、ここ最近の進化でもはやそんなことはなくなりつつあると思います。それでも純正アルバムアプリが入っていないのは謎です。

フロストパープルの質感が本当に気に入っています。こういうデザインの方向性のスマホって他にあんまりないんですよね。

21:9ディスプレイはやっぱり良いです。画質も非常に高く、スピーカーの音質も悪くない。エンタテインメントを楽しむのに適した端末だと思います。

指紋認証の反応がXperia 1に比べて改善しました。もしかしたらfalse positive rateが上がっているのかもしれませんが、Xperia 1のそれは正直実用性に欠けていたので……

ドコモのミリ波が使いたかったのでドコモ版を買いましたが、ミリ波エリアが極めて狭いので、今から思えばSIMフリー版でも良かったかもしれません。次買い換えるときは考えてみようと思います。

m.2 NVMe SSD

ずっとSATA SSDを使っていたのですが、使用期間も長くなってきたことと、PCのパフォーマンスをアップさせたいということもあって、m.2 NVMe SSDを購入しました。Western DigitalのWD Blue SN550というモデルです。今は後継モデルのSN570というのが出ているようです。

f:id:alstamber016:20220102151753p:plain
ベンチマーク

ベンチマークで測定してみました。なんだかランダムリードが遅いような気はしますが、アプリの起動終了などが明らかに以前より速くなったので、個人的には満足しています。

シャチハタキャップレス

通販を利用することが増えてきたので、受領印用のシャチハタを作りました。ヤマトは受領印なくてもいいですが、ゆうパックは受領印を求められるのです。いちいちキャップを外して押印するのは面倒なので、キャップレスタイプを注文。公式で注文するよりも、楽天あたりにあるハンコ屋さんで注文するのが安くて速いのでおすすめです。早速活用していますが、いちいちペンで名前を書かなくて良いのは本当に楽ですね。

item.rakuten.co.jp

↑のリンクはノンアフィリエイトリンクです。

きぬた歯科神経衰弱

八王子市にあるインプラントを主力としている歯科医院「きぬた歯科」の看板をモチーフにした神経衰弱を購入しました。カードをざっと見てみましたが、なかなか神経衰弱としては難易度が高い感じで楽しめそうです。このご時世だとなかなか集まって遊びにくいとは思いますが、機会があればぜひ数人で遊んでみたいなと思っています。

uriuri.handcrafted.jp

残念ながら通販では売り切れているようですが、時々同人イベントで頒布されてそうなので、そちらで手に入れられるんじゃないかなと思います。

観葉植物

実は2021年に引っ越しをしました。新居は旧居に比べて結構広くなったので、部屋の雰囲気を良くするために観葉植物をいくつか買って置くようにしてみました。今家にあるのはカラテアメダリオンとフィカスアルテシマ、あと小物でサボテンやガジュマルを置いています。

部屋に緑を置いておくと殺風景な感じが緩和されますし、また植物の世話をするのも生活に良い意味でのメリハリが生まれる用に思います。特にカラテアメダリオンは手がそこそこかかる植物なので、生活がマンネリにならなくなりますね。

2021年もサブスク棚卸しをしてみた

2020年の12月にこのような記事を書きました。

alstamber.hatenablog.jp

筆者が契約している「サブスクリプション系サービス」を見直そうというものです。今年もやってみようと思いました。

サービス名称 価格
pixivFANBOX 5,000円
Netflix 880円
ニコニコプレミアム 550円
IFTTT PRO 214円 (為替により変動)
MoneyForwardプレミアム 480円
Adobe フォトプラン (20GB) 1,078円
Abema プレミアム 960円
日本将棋連盟アプリ 500円
合計 9,662円

昨年から変化したものをまず紹介していきます。pixivFANBOXですが500円減額しました。もともと2人のクリエイターさんを支援していたのですが、そのうち1人が活動を停止され500円ぶんの支援がなくなりました。それから将棋の中継視聴のためにAbema プレミアムと日本将棋連盟アプリへの課金をはじめました。

Netflixですが以前と比べて全く視聴しなくなったことに気づいてしまいました。そこで解約を決定。また見ることがあれば再契約しようと思います。ニコニコプレミアムも生放送をやらなくなってしまったので一旦解約を決定。Abemaプレミアムは、プレミアム限定の配信コンテンツもあって迷ったのですが、一旦解約。これで7,272円になりました。Abemaプレミアムを再契約しても8,000円ちょっとで、だいぶ以前より圧縮できたかなと思います。

コミックマーケット99に一般・サークル参加しました

昨日、本日と東京ビッグサイトで開催されたコミックマーケット99に参加しました。2年ぶりのコミックマーケットかつ、新型コロナウイルス感染症対策のためにさまざまなオペレーションが変更されているものとなり、記録のために記事を書いておこうと思います。

ちなみに前回の記事はコミックマーケット96のものでした (97のは書き忘れていたようです)

alstamber.hatenablog.jp

一般参加

1日目は一般参加をしました。幸いにも1日目の東と西南のアーリーチケットを双方購入できたので、どちらから入ろうかなと贅沢な悩みをしていたのですが、買い物の都合で東からの入場となりました。

アーリーチケットは7時からの受付開始ということでしたが、準備会はなし崩し的にゲートのオープン時間を早めるということをよくやるので、ちょっと早めに行きました。結果としては本当に7時丁度にゲートがオープンされていたので、これは悪いことをしたなと思いました。

今回は政府のワクチン・検査パッケージの実証実験も兼ねているので、入場時に参加者の本人確認とワクチン接種証明書かPCR検査の陰性証明の確認が実施され、問題なければ参加に必要なリストバンドがもらえます。東の一般参加者は東7ホール、西の一般参加者はTFTの西にある駐車場のようなところでの確認となっていました *1。確認用のレーンは相当な数用意されていたようですが、来場者数がそれなりに集中していて、長い列ができていました。30分ぐらいは通過にかかったように思います。確認作業時に検温も実施されていましたが、体表温度を測るタイプのようで、あまり意味はないように思いました。この確認作業は、本人確認もかなり厳密に行われていたようで、私は見かけませんでしたが他人の証明書を持ってきて弾かれている人もいたようです。

証明書の確認の後アーリーチケットの列に並びに行くのですが、なぜかこの途中で列が詰まっており、最終的な固定まで結構な時間がかかりました。どこに詰まる要素があったのか謎です。

列は東駐車場で固定されましたが、待機列は例年に比べると間隔が広く取られていました。いつもなら列固定の前に「とにかく詰めて!」と言われますが、今回は「間隔を開けてください」なので全く違います。パーソナルスペースが侵襲されないのでその点では快適ですが、海風がダイレクトに入ってくるので、気温が低い日だといつもより寒く感じるだろうなと思いました。幸いにも1日目はあまり寒くなかったです。

アーリーチケット列はかなりスムースに入場でき、私は10時2分には会場に入ることができました。入場は東3・6ホール側のガレリアからで、いつもの東ホール一般入場と同じだと思います。聞く話によると、一般入場列はもっと入場に時間がかかったようです。

入場のペースがいつもより緩やかなようで (アーリーチケット列と一般列に分かれていたからかもしれません)、会場の中の人間の増え方が緩やかに感じました。また、入場者数に大幅な制限を加えたこともあり、ピークと思われる昼ごろでも人口密度は決して高くありませんでした。歩いていて人と押し合いへし合いすることになったりするのがいつものコミケですが、そのようなことは一切なしです。ただし、一部の人気サークルの待機列などで詰めて並べているところもあって、3密対策が行き届いているとは思えませんでした (2日目のVTuberジャンルのあたりもそんな感じでした)。

1日目は20サークル弱を回ったのですが、並んだサークルは一つもなしでした。ざっと見回した感じですが、各サークルの行列の長さは短くなっているように見えました

更衣室を利用できる人数も制限されているからか、コスプレをしている参加者がいつもより少なく感じました

今回は東と西南でチケットが分かれていて、東と西南の間の通行制限が実施されていました。結果としてこの通行制限は午後1時15分ごろに解除されたのですが、私が東から西南に移動したいと思った午前11時頃にはまだ通行制限がなされていたので、一旦東から退出して西南の一般待機列に並び直すことにしました。

東からの退出は東4ホールのトラックヤード側から可能で、そこから西の一般参加者の確認ブースに移動します。確認ブースは東からだとかなり遠いところにあって、当然ですが相互の移動はあまり考慮されていないようでした。確認自体はすぐ終わりましたが、そのあと会場への入場待ちの列が長く、つどい橋のあたりまで伸びていました。しばらく滞留していたのですが、20分ぐらいして一気に列が動き出して、そこからは早かったです。

サークル参加

2日目はサークル参加をしました。

サークル参加者は逆三角形の下からの入場でした。まずビッグサイトの建物の入口で検温とサークルチケットの確認でした。ここの検温も体表温度を測っているだけなので、あまり意味はないように思いました *2。そのあとゴキブリホイホイの手前で本人確認と接種証明書か陰性証明の確認が実施されました。レーンの数が相当に用意されていて、一般参加とは違いここで詰まることは一切ありませんでした。最後にゴキブリホイホイの中でサークルチケットと引き換えにリストバンドを交換し、装着します。ここで詰まることも一切ありませんでした。サークル参加は設営準備などで時間的制約もあるので、確認作業に投入されていたリソースが多いのかなと思います。

サークル参加登録の方式が変更されていました。いつもはスタッフが会場内を巡回し、参加登録カードと見本誌を渡す方式ですが、参加登録カードは廃止されて、見本誌を参加登録用の封筒に詰めて会場内にある専用のポストに投函する方式になりました。確認ブースに相当なスタッフを割いているので、この辺のスタッフを大幅に削減しているのだと思います。スタッフとコミュニケーションをするのも良いとは思いますが、自分の都合のいいタイミングで参加登録ができるので、気楽なシステムだと思いました。この方式は他の即売会では主流の方式ですね。

設営でいつもと違うのは、アルコールスプレーを用意したのと、電子マネーを含めたキャッシュレス決済に対応したことでしょうか。椅子は一個しかありませんでしたが、売り子しているときは立っていることも多いので、あまり不便はないと思いました。机同士の間隔がかなり空いていて、出入りがしやすかったのが良かったですね。まあ代わりにスペース数が減っているわけで、良いことばかりではないですが……。

現金決済とキャッシュレス決済の比は3:2くらいでした。キャッシュレス決済はほとんど電子マネーの利用で、やはり電子マネーの対応は重要でした。個人的にはもっと使ってもらえるかなと思っていたのですが、ジャンルにもよるのかもしれません。

今回は新刊を作らなかったので既刊のみの頒布でした。やっぱり出が少ないなあと開催中は感じていましたが、家に帰って集計してみるといつもとそんなに頒布数は変わらなかったです。もともと弊サークルは新刊に対してあまり既刊は出ないサークルなので、普段は新刊の勢いで既刊の出方を意識することがなかったのかなと思います。新刊を出していたらどの程度出たかはわからないです。

やはり全体的には欠席しているサークルが散見されたのと、人流もいつもよりはかなり少なく感じました。いつもだと昼過ぎぐらいに強烈な人流がやってきてかなり頒布数が出るのですが、今回はそのような大きな波もなかったです。

次回はC100で2022年8月に開催予定とのことです。新刊を作りたいなと思っていて、お酒の本からはちょっと趣向を変えた本を出そうかなと考えています。またなにか決まったらお知らせします。

*1:ちなみにこの駐車場はすでにコナミに売却が決定されているので、じきに使えなくなると思われます

*2:私の体温が33度になっていました。これでは死んでいます

ステイケーションをたのしもう

この記事は

adventar.org

の8日目の記事です。7日目は id:yu_ki_kun_0 さんの 続:オタク言語について思うこと でした。記事に目を通させていただきましたが、マイズ・K・ネイネイでもう我慢できずに笑ってしまいました。それから目標判読速度、オタクの世界は厳しいな~と思いました。まだ記事は途中のようなので、完成したらまた読んでみたいです。

どうでもいいですが記事中に出てきたので触れておくと、最近まりんかさんが推せるな~と個人的に思ってます。あんまり声優さんには興味ない人間なんですが、Twitterをフォローしてしまいました。

さて、このAdvent Calendarに参加するのは結構久しぶりです。id:masawada さんも開幕の挨拶にておっしゃっていましたが、こうして毎年埋まる個人のAdvent Calendarというのもなかなか珍しいと思います。id:whywaita さんの人徳のなせるわざでしょうね。ちなみに以前参加したときは疑問詞 why についての考察をしてみました。

alstamber.hatenablog.jp

今回は全く趣向を変えて私が最近ハマっている「ホテル」についてご紹介しようと思います。ここでいうホテルとは、いわゆるビジネスホテルではなく、もうちょっとお高めのホテルとなります。

続きを読む

アメックスから誕生日プレゼントが届いた 2021

私事ではありますが、先日11月7日に誕生日を迎えました。私はアメリカン・エキスプレスのプラチナ・カードというカードを持っているのですが、このカードを持っていると毎年誕生日にプレゼントが送られてきます。 毎年何が送られてくるかはわからないようになっています。昨年はあずま袋でした。

昨年とは違い、今年はプレゼントの存在を覚えていたので、当日は特段驚くことなく受け取るつもりだったのですが……。例年はクロネコヤマトで届く荷物が今年は郵便でした。

開けてみると……

f:id:alstamber016:20211112230527j:plain
なんとクーポンが送られてきた

今年はなんとトラベルクーポンでした。アメックスは専用の旅行予約サイトを持っているのですが、ここから予約する時に使えるクーポンになっています。ホテルとか飛行機とかそのへんの予約に使えるはずです。1万円から使えて5000円ぶんというのはありがたいのですが、アメックスから一部のホテルを予約すると優待が受けられる「ザ・ホテル・コレクション」や「ファイン・ホテル・アンド・リゾート」には使えないのが微妙ですね。期限は長いので、適当なホテルで消化するか考えようと思います。

(2022/01/02 追記)
今試してみたところ、ファイン・ホテル・アンド・リゾートでも使えるようになってました。今度予約するときに使ってみようと思います。

Apple ポリッシングクロスを買ってみた

Appleは先週、14/16インチ新型MacBook Proを発表しましたが、それと同時にディスプレイの拭き取り清掃に使える「ポリッシングクロス」の販売を開始しました。

この「ポリッシングクロス」は、Pro Display XDRに同梱されている専用の清掃布の単体販売だと言われています。今回これを購入し本日到着したので、かんたんにレビューしたいと思います。

f:id:alstamber016:20211026104255j:plain
パッケージの外観

パッケージはAppleらしいシンプルな外観です。

f:id:alstamber016:20211026191112j:plain
本体

本体はパッケージの中に二つ折りになって入っています。思ったよりも分厚く、しっかり硬い布です。触り心地はしっとりしていると感じました。どうやら2枚の布を貼り合わせた構造になっている様子。

f:id:alstamber016:20211026194755j:plain
大きさの比較

iPhone SE (第2世代) と大きさを比較してみました。高さはそれほど変わりません。測ってみると大きさは16cmx16cmでした。一部メディアで19cmx19cmと書かれていますが、これはどういうことなんでしょう。もしかしてPro Display XDR付属クロスは19cmx19cmなんでしょうか。そうすると、Pro Display XDR付属クロスとは別物の新製品ということになります。

f:id:alstamber016:20211026195514j:plain
本体以外にはこの説明書きのみ

本体と一緒に入っているのはこの説明書きのみです。「すべてのApple製品のディスプレイおよび本体表面に安全に使用できます」だそうです。Apple製品によく入っているりんごのシールは入っていませんでした。

実際にスマホを拭いてみました。私は普段エツミのミクロディアエピクロスを使っていますが、これに比べるとかなり硬い使い心地で、また画面を拭くときの抵抗感が大きいように感じました。この抵抗感の大きさを「画面が傷つきそう」と感じるか、「しっかり汚れを拭き取れていそう」と感じるかは人によりそうです。Pro Display XDRのnano-textureガラスでも使える製品なので、傷が付く心配はしなくていいとは思いますが……。なお、ミクロディアエピクロスはもっと大きいものが1300円ぐらいで買えるので、クリーニングクロスとしてちょっと高いのは否めません。もちろんちゃんと使える製品だとは思いますが、ファンアイテムに近い存在と言えるかもしれません。

f:id:alstamber016:20211026200448p:plain
超大人気商品

この「ポリッシングクロス」は大変な人気のようで、今から買うと10週間待ちです。年内の受け取りは難しそうです。こんなに入手が困難なApple製品は久しぶりな気がします。