Kohaku Lab

ガジェットとカードが好きな人のブログです。

Apple Payが使えるクレジットカードについてまとめてみた

本日よりApple Payの日本でのサービスが開始されていますが、事前にほとんど情報が出ていなかったこともあって、どのクレジットカードが使えるのかなどの情報がわかりづらくなっています。そこで、簡単ながらどのクレジットカードなら使用可能なのかをまとめておこうと思います。

この記事では、Suicaについては扱いません。Suicaについては、また別の記事でまとめたいと思います。

Apple Payの基本

Apple Payは大きく利用シーンで分けて2つに分けることができます。一つは、街中でかざして使用する電子マネー。日本のApple PayではiDQUICPayという既にある電子マネーのサービスを利用する形で、これを実現しています。もう一つが、対応サイトや対応アプリでApple Payに登録したカードを使って支払いができるもの。Touch IDを使って支払いができるので、セキュリティと簡便性が両立されていることがウリです。以下、前者を「電子マネー支払い」、後者を「オンライン支払い」と呼ぶことにします。

電子マネー支払いの使用可否はカードの発行元で決まる

Apple Payによる電子マネー支払いのサービスを利用するために最低限満たしていなければならない条件が、対応しているカード発行元のカードを使うということです。今、日本のApple Payに対応しているカード発行元は以下のとおりです。

これら以外にも、地銀で三井住友カードなどと提携を結んでいるところが発行したカードも使えるようです。Walletアプリから実際に登録作業を進めてみることで、使えるかどうか判定するという手も使えます。

アメリカンエキスプレスは当初対応予定に入っていましたが、いつの間にか消えてしまったようです。AppleのページからはMasterCardのロゴも消えていますが、MasterCardのロゴが付いたカードが使えないという意味ではないので、安心してください。

登録した結果iDになるかQUICPayになるか

上に書いたカード発行元のカードを登録すると、iDかQUICPayとして登録され、電子マネー支払いが使えるようになります。登録した結果iDになるかQUICPayになるかはカードの発行元によって決まります。利用者側が選ぶことはできません。

カード発行元 電子マネー
三井住友カード iD
JCB QUICPay
セゾンカード QUICPay
イオンカード iD
オリコカード QUICPay
TS3 QUICPay
ビューカード QUICPay
楽天カード QUICPay
d CARD iD
au WALLET クレジットカード QUICPay
Softbankカード iD

オンライン支払いには更に条件がある

電子マネー支払いは、対応したカード発行元のカードであれば利用可能なのですが、オンライン支払いについてはVISAブランドのカードは使用できないという制約があります。なので、オンライン支払いを利用するには、対応したカード発行元のカードで、MasterCardかJCBかAmericanExpressブランドのカードを用意する必要があります *1

*1:銀聯は使えるのかな……