Kohaku Lab

ガジェットとカードが好きな人のブログです。

Softbank版iPhone 6/6+の購入を検討している

ぶっちゃけ微妙かなみたいなことを以前の記事で書いたSoftbankiPhoneだけども、実は購入を検討していたりします。

というのも、実はSoftbankにはもう10年近く保有している長期回線があり、またちょうど5の購入からほぼ2年で、毎月の割引が消滅する時期に差し掛かっているのです。家族が全員Softbankでかつ旧料金プランのままなので、「タダ友の輪」から抜け出せない状態にある回線です。いわゆる機種変更の実質負担0円で購入したため、このままほったらかしにしていても月々の支払金額はほぼ変わりません。しかし、あえて機種変更をここで行うことで、よりお得にできるのではないかと今考えているのです。

例えば、iPhone 6 16GBを機種変更で購入することにします。料金プランは、旧料金プランのままとします。仮に割賦を組むとすれば、毎月の端末代金の支払いは2,920円です。そして毎月の通信料の割引が2,315円乗ります。これだと、差し引き605円の負担が毎月発生するので、2年後には機種変更したほうが605×24=14,520円だけ負担が大きくなります。

しかし、私はSIMフリー版のiPhone 6をすでに予約しています。そこで、Softbankで購入したiPhone 6は必要ないと考えて、端末代を一括精算した後に中古ショップに売却することを考えます。中古ショップでどの程度の買取価格がつくかは不明ですが、例年の傾向を見ると発売直後であれば55,000円程度で売却できます。端末を売却しても毎月の割引は残るので、結局機種変更した場合には

摘要 金額
端末代 2,920×24=70,080円
割引 -2,315×24=-55,560円
売却 -55,000円
-40,480円

となって、機種変更しないより1ヶ月あたり1,700円ほどお得な計算になります。

ただでさえ嵩みがちな携帯電話料金なので、多少面倒でも、こうして月々の支払を抑えられるのであれば、積極的に検討していきたいと思っています。