alstamber lab

ガジェットとキャッシュレス決済が好きな人のブログです。

SoftBankが「LINEMO」を発表 & 既存プランも追加情報

SoftBankがかねてから「SoftBank on LINE」をブランドコンセプトとして開始を予告していたオンライン専用ブランドの詳細が本日発表されました。新ブランドの名称は「LINEMO (ラインモ)」です。

www.linemo.jp

「LINEMO」では以下のようなプランが提供されることになります。

  • 月間データ容量は20GB
  • 20GB超過後も最大1Mbps
  • LINEカウントフリー
  • LINEスタンププレミアム付帯
  • 5G対応
  • 通話無料はプランには含まれず (オプションとして提供)
  • eSIM対応
  • 契約やサポートにはLINEを使用
  • 月額は2,480円(税抜)

元々「ahamo」に寄せたプラン内容でしたが、今回の正式ブランド名変更とともに通話定額を取り払って500円引き下げるという、「povo」に寄せたプラン内容となりました。また「LINEMO」の開始日は3月17日と正式に決定されました。

LINEとの連携をさらに強化

元々のコンセプトでは、LINEからの手続きとLINEカウントフリーがLINEとの連携内容として謳われていましたが、さらにLINEスタンププレミアムの付帯が追加されました。これは、対象となる700万種類以上のLINEクリエイターズスタンプが使い放題となるサービスで、元々LINE自体にサブスクリプションサービスとして用意されているものです。一度にダウンロードして保持できるスタンプの数は5つに制限されていますが、スタンプは自由に入れ替えることができるので、入れ替えながら使えば事実上無制限に使えます。また、サジェストからの送信を使うことで、アプリにダウンロードせずにスタンプを使うことも可能です。

大きなサプライズはなかったが

SoftBankは「LINEMO」発表にあたってサービス内容の見直しをしました。「ahamo」や「povo」に比べると「Softbank on LINE」は少し訴求力が弱い印象だったので、500円引き下げてきたところと、LINEスタンププレミアムを追加してきたところは、SoftBankなりに頑張ったのだと思います。ただし、LINEスタンププレミアムは月額で240円のサービスであり、これが2,480円のサービスについてきたところで顧客に対してお得感を打ち出せるかはまだわからないと思いました。ただ、インターネットを見ているとLINEスタンププレミアムの付帯自体はなかなか好評なように見受けられます。さらに「LINEMO」のTwitterアカウントのフォロワー数は既に「povo」のそれを上回っており、少なくともインターネット上の訴求の滑り出しは好調なようです。

「メリハリ無制限」も開始

昨年発表されたSoftBankの無制限プランである「メリハリ無制限」ですが、こちらも3月17日から開始されることがアナウンスされました。プランの内容自体は特に変わっていないようです。

これは予想外 「ミニフィットプラン+」を導入

びっくりしたのが、「メリハリ無制限」の開始日アナウンスと同時に、従量プランの「ミニフィットプラン+」が新しく発表されたことでした。以前ブログにも書いたと思いますが、「大手キャリアはこの手の小容量従量プランはやりたくないので、この料金プラン改定の中でも放置されるだろう」というのが私の考えでした。料金は以下のようになります。なお、表中の料金は全て税抜となります。

ミニフィットプラン+ ミニフィットプラン
~5GB - 7,480円
~3GB 4,980円 7,480円
~2GB 3,980円 5,980円
~1GB 2,980円 3,980円

「ミニフィットプラン」はびっくりするほど高いプランでしたが、「ミニフィットプラン+」になって値下げが行われ、「メリハリ無制限」との整合性が意識されたプランになったと思います。家族割の割引対象にはなっていませんが、カウントの対象にはなります。また固定回線とのセット割が使えるので、それを適用すれば1,000円引きとなります。それでも割高なプランではありますけどね……。

「データ通信専用50GBプラン」もこっそり導入

3月17日には「データ通信専用50GBプラン」というデータ通信用のプランも新しく導入されるようです。4G/5G両方に対応で、価格は4,800円 (税抜) です。このプランは家族割の対象にはならないということですが、iPadで大容量通信するといった目的には使えるのではないでしょうか。