alstamber lab

ガジェットとキャッシュレス決済が好きな人のブログです。

iPad Pro アクセサリーを購入した (Apple Pencil・ケース・フィルム編)

iPad Proをせっかく買ったので、アクセサリー類も買い足しました。まずは、第二世代のApple Pencilです。

f:id:alstamber016:20200602000332j:plain

外箱は至って普通です。iPad Proもそうでしたが、最近のApple製品は外ビニールにタブが付いていて、そこを引っ張って開けられるようになっています。こういう改良点は嬉しいですね。

f:id:alstamber016:20200602001628j:plain

Pencil本体です。全体的にツルツルした加工ではなく、少しざらっとした加工になりました。おかげでグリップ感が向上し、使いやすくなったと思います。むしろ第一世代のPencilはなぜツルツル加工だったのでしょうかね……。

Pencilは本体の側面に磁石がついており、そこにくっつけることで自動的にペアリングと充電が行われます。以前の充電方式はダサいだけでなく、引っ掛けた時に根元から折れそうなのが心配でした。この方式なら折れる心配はないでしょう。

第二世代のPencilのウリの一つが、「ダブルタップ操作で機能を切り替えられる」ところです。例えば、お絵かきやメモをしているときに、ペンツールと消しゴムツールを切り替えたりできます。これはうまく動くと結構便利なのですが、実際のところ反応精度には課題があるようです。ネットの記事を読んでいると「反応しすぎる!」というコメントが多かったのですが、私の場合は「反応しなさすぎる!」でした。感度を調整できるオプションが欲しいですね。

f:id:alstamber016:20200602144134j:plain

合わせて、ケースとフィルムを買ってみました。

f:id:alstamber016:20200602152432j:plain

ケースは中華メーカー製品ですが、巷の評価は高いようです。実際に取り付けると、カメラ部分の寸法精度も問題なく、しっかり保護されています。このケースは、Apple純正品のSmart Folioというやつに似ているのですが、大きな違いが写真右上の方に写っている小さなフリップの存在。ここがちょうどPencilを充電しているときに上から包み込むような形状になっています。Pencilは磁石の力でiPad Proにくっついて充電されていますが、強い力がかかると取れてしまうこともあります。このように包み込む構造がついていることで、Pencilが取れないようになっているわけです。これは素晴らしいアイデア。またこのフリップのおかげでケースのフタがずれにくくなるという効果も生まれていました。

フィルムはいわゆるアンチグレアと言われるものを選択しました。iPhoneではいつもガラスフィルムを貼っている私ですが、今回はPencilでの使い勝手を考えて、ガラスフィルムをやめました。このフィルムは、ネットでそれほど悪くない評価でしたが、幾分かクセのあるフィルムだと感じています。万人にはお勧めできないですね。

  • アンチグレアにありがちな画質低下は起こりにくい。これは素晴らしい
  • Pencilの書き味は鉛筆というよりはサインペンのような感触で、やや滑りが出る。鉛筆らしい書き味を求めていると、肩透かしの印象
  • 指紋がつきやすい。パッケージには指紋が目立たないとありますが、結構つきます

きれいに貼れているので劣化するまではこのフィルムで行こうと思いますが、次にフィルムを貼り替える際には正直なところ違うメーカーの物にしようかなと思っています。

記事が長くなってしまったので、併せて購入した Smart Keyboard Folio については別記事にします。