alstamber lab

ガジェットとキャッシュレス決済が好きな人のブログです。

iPhone SE は Apple と 携帯電話会社どちらから買ったほうが良い?

(2020年4月20日: auの価格が発表されたので追記。SoftBankの保証プランの価格が間違っていたので修正)

f:id:alstamber016:20200419153802p:plain

長らく噂されていた廉価版の iPhone である iPhone SE の第2世代がついに発表されました。iPhone 5s をベースとした前世代に対して、今回は iPhone 8 をモデルにしたと思われる外観。カメラはその分最新モデルの iPhone 11 や 11 Pro に比べて抑えられたスペックとなっていますが、内部のチップは 11 と同等で、Wi-Fi 6 や eSIM にも対応するなど、多くのスペック面では最新モデル相当です。いわゆる「コスパが高い」モデルと言えるわけですが、それゆえに少しでも安く買いたいという人が多いのではないでしょうか。

iPhone SE を購入できるルートはいくつかありますが、大きく分けると以下の2つに集約されると思います。

  • Apple が直接販売している SIM フリーモデルを購入する
  • docomo, Softbank, au から購入する

前者は Apple から端末だけを購入するルートです。回線契約は関係ないので、iPhone を利用するための回線は別途必要となります。 後者はいわゆる大手携帯電話会社から MNP か新規契約、機種変更の手続きをして端末を購入するルートです。おそらく大手携帯電話会社を利用している人の多くのスマートフォン端末の購入はこちらのルートで行われていると思います。

それぞれのルートで一体いくらになって、どちらがお得なのかを考えてみることにしました。なお今回はいわゆる「格安SIM」を使っている人は対象外とします。この場合 Apple からの直接購入しか選択肢がないはずなので。

Apple からの購入

Apple から端末を購入する際の価格は、Apple の公式サイトに書かれています。税抜価格で書かれてますが、比較のため税込価格に変換しました。

容量 価格
64GB 49,280円
128GB 54,780円
256GB 66,880円

端末の代金の支払方法としては、通常の一括での購入以外に、Apple ローンという分割払いも使えます。現在分割払いは24回払いまで金利手数料が無料なので、これを使って24回払いにすると、以下の価格となります。

容量 価格
64GB 2,053円
128GB 2,283円
256GB 2,787円

これに AppleCare+ という保証をつけることができます。盗難・紛失プランは昨年できた新しいオプションで、従来の AppleCare+ が対応していなかった、盗難・紛失時の保証も追加されています。

保証プラン 価格
AppleCare+ 9,680円
AppleCare+ 盗難・紛失プラン 11,880円

docomo からの購入

続いて docomo からの購入を考えます。docomoMNP の場合のみ端末の割引があるので、それも併記しました。

容量 価格 MNP時の価格
64GB 57,024円 35,024円
128GB 62,568円 40,568円
256GB 75,240円 53,240円

端末の代金の支払方法としては、一括・12回払い・24回払い・36回払いを選択できます。このうち36回払いを選択すると、スマホおかえしプログラムというものに加入できます。これは、端末を docomo に返却することで最大で12回分の分割払いが免除されるというものです。これが最大限適用されると、価格は以下のようになります。

容量 スマホおかえしプログラム適用価格 MNP かつスマホおかえしプログラム適用価格
64GB 38,016円 23,360円
128GB 41,712円 27,056円
256GB 50,160円 35,504円

docomo では、AppleCare+ の他にケータイ補償サービスという保証プランも用意されています。ケータイ補償サービスは、AppleCare+ 盗難・紛失プランに相当するもので、盗難・紛失時の保証も入っているものです。AppleCare+ は24回の分割プランのみが用意されています。今回の iPhone SE 向けの AppleCare+ の価格はまだ発表されていませんが、9,680円の24回払いなので、400円程度になると予想されます。ケータイ補償サービスの料金も発表されていないですが、前例を踏まえるとおそらく550円か825円になると思われます。

保証プラン 月額の価格
AppleCare+ 400円程度?
ケータイ補償サービス 550円か825円?

SoftBank からの購入

今度は SoftBank からの購入を考えます。SoftBank はオンラインショップでの MNP の場合のみ端末の割引があるので、それも併記します。

容量 価格 オンラインでの MNP時の価格
64GB 57,600円 36,000円
128GB 64,080円 42,480円
256GB 78,480円 56,880円

端末の代金の支払方法としては、一括・24回払い・48回払いを選択できます。このうち48回払いを選択すると、トクするサポートというものに加入できます。これは、端末を SoftBank に返却かつ対象の新機種を購入することで最大で24回分の分割払いが免除されるというものです。これが最大限適用されると、価格は以下のようになります。なお、これに加入するには390円の利用料を24ヶ月支払う必要があります。

容量 トクするサポート適用価格 MNP かつトクするサポート適用価格
64GB 28,800円 18,000円
128GB 32,040円 21,240円
256GB 39,240円 28,440円

SoftBank は現在 AppleCare+ の受付を行っていないので、あんしん保証パック with AppleCare Services という保証プランに加入することになります。こちらは AppleCare+ 盗難・紛失プラン相当の保証に更に追加のサービスが付与されたものになっています。こちらの価格はまだ発表されていませんが、前例に倣えば979円になると予想されます。

保証プラン 月額の価格
あんしん保証パック with AppleCare Services 979円?

au からの購入

最後に au からの購入を考えます。オンラインでの MNP 及び新規契約で割引キャンペーンをやっています。

容量 価格 オンラインでのMNP時価 オンラインでの新規契約時価
64GB 55,270円 33,270円 44,270円
128GB 61,250円 39,250円 50,250円
256GB 75,215円 53,215円 64,215円

端末の代金の支払方法としては、一括と分割払いを選択できますが、このうち24回払いを選択すると、かえトクプログラムというものに加入できます。かえトクプログラムに加入した際の分割契約はちょっと変わったものになります。最初から数えて23回と最後の1回の支払額が変わります。

容量 分割金額 (最後の1回を除く) 最後の1回の分割金額
64GB 1.250円 26,520円
128GB 1,390円 29,280円
256GB 1,705円 36,000円

そして、最後の分割の支払いまでに新しい機種に機種変更かつ古い端末をauに返却したとき、最後の分割の支払いが免除されるという仕組みになっています。

これだと2年以上使おうとした際に2年目に高額の支払いが来ることになりますが、かえトクプログラムの権利を使わなかった際は、au 回線を持っているなど所定の条件を満たしていれば、自動的にこの最後の分割が再度24回分割されます。つまりトータルで48回払いになるということですね。

このかえトクプログラムを最大限に活用すると、価格は以下のようになります。

容量 かえトクプログラム適用価格
64GB 28,750円
128GB 31,970円
256GB 39,215円

auは現在 AppleCare+ の受付を行っていないので、故障紛失サポート with AppleCare Services & iCloudストレージ という保証プランに加入することになります。こちらは AppleCare+ 盗難・紛失プラン相当の保証に更にiCloudストレージ50GB分などの追加のサービスが付与されたものになっています。こちらの価格は869円となります。

保証プラン 月額の価格
故障紛失サポート with AppleCare Services & iCloudストレージ 869円

まとめて比較

端末価格の比較

では実際に比較してみることにします。まず、それぞれのルートで一括購入した際の価格を並べてみます。

容量 Apple docomo SoftBank au
64GB 49,280円 57,024円 57,600円 55,270円
128GB 54,780円 62,568円 64,080円 61,250円
256GB 66,880円 75,240円 78,480円 75,215円

一括購入の場合は Apple が最安です。

しかし、携帯電話会社には先ほど紹介したとおり、スマホおかえしプログラムやトクするサポート、かえトクプログラムという、端末の返却を条件として分割支払を免除するプランがあります。これを使ってみることにしましょう。Apple から購入の際は24回分割払い、docomo から購入の際は36回分割払いで2年後にスマホおかえしプログラム適用、SoftBank から購入の際は48回分割払いで2年後にトクするサポート適用、au から購入の際は24回分割払いで2年後にかえトクプログラム適用とします。SoftBank の価格には、トクするサポートの利用料390円も公平のために加えることにします。

まずは月額の分割価格です。

容量 Apple で24回払いの月額 docomo で36回払いの月額 SoftBank で48回払いの月額 au で24回払の月額
64GB 2,053円 1,584円 1,590円 (25ヶ月目から 1,200円) 1,250円
128GB 2,283円 1,738円 1,725円 (25ヶ月目から 1,335円 ) 1,390円
256GB 2,787円 2,090円 2,025円 (25ヶ月目から 1,635円) 1,705円

各種プログラムを適用してみます。

容量 Apple での総支払額 docomo で2年後にスマホおかえしプログラム適用時の総支払額 SoftBank で2年後にトクするサポート適用時の総支払額 au で2年後にかえトクプログラム適用時の総支払額
64GB 49,280円 38,016円 38,160円 28,750円
128GB 54,780円 41,712円 41,400円 31,970円
256GB 66,880円 50,160円 48,600円 39,215円

このケースでは最大で docomo だと16,000円ほど、SoftBank だと18,000円ほど、auだと21,000円ほど安くなることがわかりました。しかし、これは docomo の場合端末の返却、SoftBankau の場合加えて新端末の購入が条件となっていることを覚えておく必要があります。また、Apple での直接購入の場合も、次の機種を購入する際の下取りや、メルカリやヤフオクなどでの販売を使えば実質負担額は抑えられると考えられます。Apple 製品は時間が経ってもそれなりの価格で買ってもらえます。

それでは、3年使って買い換えるケースを考えましょう。

容量 Apple での総支払額 docomo で3年後の総支払額 SoftBank で3年後にトクするサポート適用時の総支払額 au で3年後の総支払額
64GB 49,280円 57,024円 52,560円 42,010円
128GB 54,780円 62,568円 57,420円 46,610円
256GB 66,880円 75,240円 68,220円 57,215円

docomo は、36回払いなのでもはやスマホおかえしプログラムは適用できません。SoftBank では12回分の分割免除を受けられますが、Apple での直接購入よりも割高になってしまいました。au では12回分の免除を受けられ、かつまだ Apple っで買うより安いです。 3年使う人は Apple で買うのがベター、au の人は次も au で機種変更するなら au もアリということになります。

保証の比較

続いて保証を比較しましょう。Apple から販売されている AppleCare+ は一括購入しかありませんが、保証期間が2年なので購入価格を24で割ったものを月額相当価格とみなして比較することにします。

保証プラン 月額相当価格 保証期間 故障修理時負担金 盗難・紛失時負担金 その他
AppleAppleCare+ 403円 2年間 画面割れ3,740円 その他12,980円 対応不可
AppleAppleCare+ 盗難・紛失プラン 495円 2年間 画面割れ3,740円 その他12,980円 12,980円
docomoAppleCare+ 403円? 2年間 画面割れ3,740円 その他12,980円 対応不可
docomo ケータイ補償サービス 550円 or 825円? 契約続ける限り 5,500円 8,250円 or 12,100円 (Web申込みで10%オフ)
SoftBank あんしん保証パック with AppleCare Services 979円 契約続ける限り 画面割れ3,740円 その他12,980円 PayPayボーナスで全額返金 12,980円
au 故障紛失サポート with AppleCare Services & iCloudストレージ 869円 4年間 画面割れ3,740円 その他12,980円 12,980円 iCloud50GB付き

AppleCare+ は2年間しか保証がついていないのが痛いですね。アメリカでは月額プランもあって、これは加入し続ける限り保証が継続されるのですが、日本では未導入のようです。携帯電話会社のサービスは長く保証が続くのが魅力ですし、内容も AppleCare+ に比較して手厚いですが、やや割高になっています。AppleCare+ 盗難・紛失プランと携帯電話会社の保証サービスを比べると、2年間でだいたい8,000円~9,000円くらいの価格差があります。

  • Apple から直接購入したほうが端末を割安に買えるが、保証は2年間しか受けられない
  • 携帯電話会社から購入すると長く保証を受けられるが、端末は特に長く使おうとするほど割高になる傾向

というのが見えてきました。

MNP をするケース

ちなみに MNP をする場合は2万円以上の携帯電話会社の割引が受けられるので、2年使う場合も3年使う場合も携帯電話会社から買うのがお得です。

容量 Apple での総支払額 docomo で2年後にスマホおかえしプログラム適用時の総支払額 SoftBank で2年後にトクするサポート適用時の総支払額 auで2年後にかえトクプログラム適用時の総支払額
64GB 49,280円 23,360円 27,360円 6,750円
128GB 54,780円 27,056円 30,600円 9,970円
256GB 66,880円 35,504円 37,800円 17,215円
容量 Apple での総支払額 docomo で3年後の総支払額 SoftBank で3年後にトクするサポート適用時の総支払額 au で3年後にかえトクプログラム適用時の総支払額
64GB 49,280円 35,024円 36,360円 22,010円
128GB 54,780円 40,568円 41,220円 24,610円
256GB 66,880円 53,240円 52,020円 35,215円

結論

  • MNP をするならば、携帯電話会社から買うのがお得
  • そうでない場合は
    • 2年で買い換える場合は携帯電話会社のプログラムに乗るのもあり
      • ただし、AppleCare+ 盗難・紛失プランと携帯電話会社の保証サービスに価格差が2年で8,000円から9,000円ほどあるので、盗難・紛失保証に入るつもりなら両者の負担の差は小さくなる
      • 盗難・紛失保証加入かつ次の買い替え時に端末を下取りor売却のつもりなら Apple から直接購入のほうが安くなる可能性が十分ある
      • (当然だが) 端末を手放すつもりがない人は、Apple から買うのがお得
    • 3年で買い換える場合は Apple から買うのが端末自体はお得。ただし保証が2年で切れるので注意
      • 端末を手放して良いかつ次の端末も au で買うつもりなら au のかえトクプログラムを使っても良いかも

余談ですが、SoftBank はちょっとひどくないですかね。au と同じく端末返却と新端末購入を条件にしているのに、端末返却のみが条件の docomo と実質価格変わらないです。保証も負担金が返ってくるのはありがたいですが、PayPayで返ってくるので体の良い囲い込みですよね……。