Kohaku Lab

ガジェットとカードが好きな人のブログです。

Apple Payで複数のカードを使い分けるにはどうすればいいのか?

Apple Payはサービスの開始まであまり詳細な情報が出ていなかったこともあって、細かな使い方について十分に周知されていないようです。Apple Payに関する疑問としてあるのが、「複数のカードを登録したとき、どうやって使い分ければいいの?」ということです。この記事では、Apple Payでの複数のカードの使い分けの方法について考えたいと思います。なお今回は、iPhoneのみを対象にします。

メインカードという概念がある

Apple Payにはメインカードという概念があります。Walletアプリを開いて、一番手前に表示されているカードがメインカードです。

Apple Payでの支払いは、メインカードを使いたいか、メインカード以外のカードを使いたいかによって変化します。

メインカードを使う場合

メインカードを使う場合は、ホームボタンに指を乗せた状態でiPhoneの上部をリーダーに近づけると決済できます

メインカード以外のカードを使う場合

メインカード以外のカードを使う場合は、ホームボタンに指を乗せずにiPhoneの上部をリーダーに近づけると、Walletアプリが自動的に起動します。メインカードが手前に表示されているので、それを一度指で払ってから使用したいカードをタップします。すると使用したいカードが表示されるので、ホームボタンに指を乗せると決済できます。

Suicaだけは特別

Suicaにはエクスプレスカードという概念があります。エクスプレスカードに登録したSuica指紋認証をしなくても決済ができます。エクスプレスカードに登録したSuicaを使う場合は、ホームボタンに指を乗せずにiPhoneの上部をリーダーに近づけると決済できます

技術的な見地

ここは、Apple Payの技術的な話に興味が無い方は、読み飛ばしていただいて大丈夫です。

日本のApple PayはFeliCaの技術を使って実装されています。FeliCaのリーダーとカードが通信するときには、大まかには以下のような流れになっています。

  1. リーダーがカードを検知する (polling)
  2. 検知したカードとリーダーの間で接続を確立
  3. 必要に応じて暗号化を行い情報の読み書きを行う

Apple Payの挙動を考える上で重要なのが1のpollingです。pollingの際には、リーダー側でシステムコードというコードを指定できます。システムコードは、FeliCaのアプリケーション (SuicaとかiDとかQUICPayとか入退室管理とか) 別に割り当てられているコードです。システムコードを指定することで、複数のカードがあっても目的のアプリケーションのカードだけ読み出せるわけです。例えば、Suica対応の改札にEdySuicaを同時にかざしても、Suicaだけが読み取られます。

Apple PayのFeliCaは、まずFeliCaリーダーの電波を受信すると、一旦Walletアプリを起動する実装になっているようです。そして、Suicaのシステムコードでpollingされかつエクスプレスカードが設定されている場合は、即時にSuicaの識別IDをリーダーに渡すようです。なので、改札にかざすと画面が点灯しWalletアプリが起動しますし、その後何もしなくても改札の通過ができます。

一方で、それ以外のシステムコードでpollingされた場合は、Walletアプリの起動まで進んだ状態で止まります。この状態では、Walletアプリで指紋認証を受け付けて、初めてカードの識別IDをリーダーに渡す仕組みになっています。メインカードの場合で、ホームボタンに指を乗せた状態でiPhoneの上部をリーダーに近づけると決済できるのは、Walletアプリが起動した際にあらかじめメインカードが選択された状態になっているからです。あとは指紋認証さえ通ってしまえば、メインカードの識別IDがリーダーに渡されて、決済処理が行われます。

一般的な店舗にあるFeliCaリーダーの中には、システムコードを特定せずにpollingを行うものもあるようです。様々な電子マネーサービスに対応しなければならないのが理由のようですが……。