読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Kohaku Lab

ガジェットとカードが好きな人のブログです。

Apple Payサービス開始! 早速手元のカードを登録して登録の方法と使い方を確認した

本日iOS 10.1がリリースされ、Apple Payの日本でのサービスも開始されました。iOS 10.1の配信が始まったのが日本時間の午前2時頃。実際にApple Payのサービスが始まったのは、明け方ごろだったようです。

カードの登録

Apple Payの管理には、Walletというアプリを使います。Apple Payを使っていない状態で、Walletを起動すると次のような画面になるはずです。

「カードを追加する」をタップすると、下の画面になります。今回はクレジットカードを追加したいので、「クレジット/プリペイドカード」を選択します。

するとカメラでカードを撮影する画面に移行します。枠内にカードを入れると自動的に番号などを認識して読み取ってくれます。

カード番号や名義が入力されています。時々認識に失敗するようなので、その場合は手で入力します。

有効期限とセキュリティコードを入力します。セキュリティコードだけは必ず手で入力する必要があります。

利用規約が表示されます。これは登録しようとしているカードの発行元によって違うようです。

カード会社のサーバーに問い合わせを行って、登録作業が行われます。

追加したカードの発行元によって、iDかQUICPayのどちらかが選ばれて登録されます。今回はJCB発行のカードを登録したところ、QUICPayになりました。

カードの登録を完了するには、認証をしなければならないようです。どれか好きな認証方法を選んで、認証します。

認証が終わるとこのような画面が出てきて、登録が完了します。

登録が完了すると、Walletアプリでカードを確認できるようになります。

カードの利用

Apple Payに登録されたカードは、iDとして登録されたカードはiDの使える店舗、QUICPayとして登録されたカードはQUICPayの使える店舗で使用可能です。それぞれiDで支払うこと、QUICPayで支払うことを伝えて、Touch IDで指紋認証をしながらリーダーにかざすと支払いができます。

Suicaはどうやって使うの?

Suicaの管理は、Walletアプリからはできないようになっていて、JR東日本が作ったSuicaアプリを別に入れる必要があります。Suicaアプリについては、別の記事を書く予定です。