Kohaku Lab

ガジェットとカードが好きな人のブログです。

iPhone7 ジェットブラック フォトレビュー

先日購入したiPhone7 ジェットブラックが到着しました。Softbankのオンラインショップにて購入しました。

f:id:alstamber016:20160927233453j:plain

箱を開けると、納品書などの下に製品が隠れています。

f:id:alstamber016:20160926214101j:plain

箱です。今回はジェットブラックのみ黒一色の特別デザインになっています。

f:id:alstamber016:20160927230909j:plain

中の台紙は白でした。ここも黒にしてほしかった気持ちがないといえば嘘になります。

f:id:alstamber016:20160927231317j:plain

今回は台紙の下にiPhoneが隠れています。

f:id:alstamber016:20160927231424j:plain

台紙の中には、SIMピンやAppleシールなどが入っています。このあたりのデザインも7から変更されているようです。

f:id:alstamber016:20160923002726j:plain

iPhoneを取り払うと、下からACアダプタ、EarPods (イヤホン) が出てきます。

f:id:alstamber016:20160927231529j:plain

表面です。液晶部分とベゼル部分との境目がわからないほどに、一色の黒です。光沢感のある黒が液晶部分から裏面にかけて一体感を持っています。

f:id:alstamber016:20160927231807j:plain

裏面です。カメラが6sと比べて大きくなったように思います。その分レンズが明るくなっていたりと性能の向上が図られています。

f:id:alstamber016:20160927231933j:plain

シールを剥がしてみました。光沢感が目で見てわかります。光沢ゆえ、話題の「総務省指定」の文字はやや目立つかもしれません。

f:id:alstamber016:20160927232422j:plain

アンテナラインは7から目立たないようなデザインに変更されていますが、ジェットブラックではアンテナラインの色と筐体の色が極めて近く、じっくり見ないとわからないほどになっています。僅かにアンテナラインの色のほうが明るいのですが、角度によっては光沢に隠れてわからなくなります。

f:id:alstamber016:20160927233011j:plain

ボタンも筐体との一体感が強いと感じます。以前のプラスチック製時代のブラックiPhoneとはまた違った質感です。

f:id:alstamber016:20160927235100j:plain

質感の違いを最も感じるのはカメラ部分です。水平面から盛り出たようなデザインで、独特の立体感があります。

f:id:alstamber016:20160927235200j:plain

既報の通り、今回からイヤホンジャックは廃止されています。ホームボタンの枠も黒色に統一されていることが、筐体全体の一体感の演出に貢献しています。

f:id:alstamber016:20160928000851j:plain

ジェットブラックは大変人気の色で、今でも入手がなかなか難しいようです。今回は、Softbankの優先受取特典をたまたまゲットできたこともあり、予想よりは早く入手することができました。