Kohaku Lab

ガジェットとカードが好きな人のブログです。

各キャリアのSIMロック解除対応状況の違いについてまとめた

ドコモ

2011年4月~2015年4月発売の機種

対象

iPhoneiPadを除くすべての機種

条件
  • ネットワーク利用制限などのロックがかかっていないこと
  • 自分の回線で買った端末でなくても良い
方法

ドコモショップに端末を持参し、本人確認。手数料税別3,000円を支払う。 大半の機種はその場で解除できるが、ルータなど一部の機種は数日預けることになる。

2015年5月以降発売の機種

対象

すべての機種

条件
  • ネットワーク利用制限などのロックがかかっていないこと
  • 利用料金の支払実績が確認できること * 契約者本人の購入履歴がある機種であること
  • 端末購入から6ヶ月以上経過していること
  • ただし対象の回線で6ヶ月以上前にSIMロック解除実績があれば即解除可能
  • 解約済みの場合は解約日から3ヶ月以内であること
方法

au

2015年4月以前発売のもの

SIMロック解除できない。

2015年5月以降発売のもの

対象

全機種。2015年4月23日発売のGalaxy S6 Edgeも例外で含む。

条件
  • 機種購入から180日以上経過していること
  • 自分の回線で購入していなくても良い
方法
  • auお客様サポートであれば無料
  • auショップでは手数料税別3,000円
  • 自分の回線で買っていないものはauお客様サポートでは解除できないので必ずauショップ

Softbank

2015年4月以前発売のもの

対象

BLADE Q+, 301F, 201HW, 009Z, 008Z

条件
  • ネットワーク利用制限がかかっていないこと
方法
  • Softbankショップに持参し、手数料3,000円を支払う

2015年5月発売以降のもの

対象

全機種

条件
  • ネットワーク利用制限がかかっていないこと * 購入から181日経過していること
  • 解約済みである場合は解約後90日以内であること
方法
  • My Softbankでは無料
  • Softbankで購入し現在利用中であることが条件
  • また他社のSIMカードを用意しないと手続きできない
  • Softbankショップでは税別3,000円

まとめ

2015年5月以降発売の端末に関してまとめれば、以下のようになる。

  • ドコモは自分の回線で買った端末であれば、原則購入から6ヶ月以上経過でMy docomoを使えば無料で解除可能
    • ドコモは自分の回線で買っていない端末は解除できない
    • ドコモは以前の解除から6ヶ月以上経過していれば即解除可能
  • auは自分の回線で買った端末であれば、購入から180日以上経過でauお客様サポートを使えば無料で解除可能
    • auは自分の回線で買っていない端末は、購入から180日以上経過でauショップに行けば税別3,000円で解除可能
  • Softbankは自分の回線で買った端末であれば、購入から181日経過でMySoftbankを使えば無料で解除可能
    • Softbankは自分の回線で買っていない端末は、購入から181日経過でSoftbankショップに行けば税別3,000円で解除可能

ドコモだけ自分の回線で買っていない端末は対象外。その代わり即解除可能な特例が設けられている。

また各社の解除可能になるまでの制限期間が6ヶ月、180日以上、181日と微妙に異なる点にも注意が必要。

またSoftbankのみWeb上で解除するには他社のSIMカードを用意しなければならない。解約済みSIMなんかでも大丈夫なのかは不明。