読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Kohaku Lab

ガジェットとカードが好きな人のブログです。

GL04Pを購入して制限ゆるゆる回線を入手した

ワイモバイルオンラインストアにてGL04Pのアウトレット品が本体代金一括0円で販売されていたので購入しました。

アウトレット Pocket WiFi LTE 【GL04P】|Pocket WiFi/スマートフォン

GL04Pは、下り150MbpsのUE Category 4に対応しているWi-Fiルータです。SIMフリーになっているので、ワイモバイル以外の回線でも使用可能となっています。ただし、つかむ周波数帯がBand 3に限定されているので、日本国内でのGL04Pの端末自体の使い道は、旧イーモバイルLTEをつかませるか、docomoの東名阪バンドをつかませるかのいずれかに限定されます *1

GL04Pの注目すべき点は、購入するときに一緒に契約する回線です。こちらは、ワイモバイルとの契約になりますが、契約内容自体は旧イーモバイルのPocket Wi-Fiのものと同等です。すなわち、LTEに関しては、Band 3の最大75Mbpsのものしか利用できませんが、その代わり月に10GBまで速度制限が行われないという回線になっています。しかも、10GBを超えるときっちり速度制限をかけているわけでもないようで、実際には30GB程度まで利用できたという報告もあります。モバイル高速通信回線の多くが、厳格な速度制限を実施している中、ヘビーユーザには嬉しい仕様となっています。

速度自体も、概ね下りで5Mbps〜20Mbps程度出るため、通常の動画閲覧程度であれば支障がありません。

また月額料金も、2,550円とリーズナブル。格安SIMの代表格であるIIJmioのファミリーシェアプラン(7GB)が2,560円であることを考えると、かなりコストパフォーマンスに優れた回線と言えます。

購入は簡単

購入手続きは非常に簡単で、ワイモバイルオンラインストアの申し込みページから料金プランのオプションの指定をした後、氏名や住所等必要事項を入力し送信するだけ。すぐにメールが送られてくるので、その指示に従って本人確認書類の写真をアップロードすれば完了です。

私の場合は、10月3日の13時29分に申込確認メールが届き、4日の7時1分に発送手続完了のメールが届きました。発送手続完了メールには、佐川の追跡番号が記載されていて、荷物の追跡が可能です。追跡システムによれば、実際のところ3日の19時頃には発送が行われていたようです。

荷物は、4日の正午ごろに無事到着しました。

開封

ワイモバイルのロゴが書かれた箱に入って届きました。

f:id:alstamber016:20141004205800j:plain

中には納品書、ワイモバイルへの移行のお知らせ、本体とSIMカードのパックが入っていました。

f:id:alstamber016:20141004205823j:plain

本体の箱にはアウトレットと大きな文字で書かれたシールが貼られていました。

f:id:alstamber016:20141004165736j:plain

SIMカードイーモバイルのものを使い回し。明らかに余り物ですね…… 大きさは今や珍しくなった通常SIMサイズ。

f:id:alstamber016:20141004165855j:plain

本体の箱の中には、本体と説明書、アウトレット品の注意事項、充電キットが入っていました。アウトレット品とのことですが、本体の外装などに大きな問題はない感じでした。

f:id:alstamber016:20141004210207j:plain

iPhone 6にSIMを刺してみる

実は、iOS8よりこれまで利用できなかった旧イーモバイルLTEのSIMを利用できるようになったことが報告されています。GL04Pの購入目的の一つが、この旧イーモバイルLTEによる制限ゆるゆるiPhone運用だったため、早速試してみることにしました。

今回付属してきたSIMは通常サイズなので、これをiPhone 6に入るようにnano SIMサイズにカットする必要があります。SIMカッターはあまり信用していないので、ハサミを使ってカットしました。SIMの材質は、柔らかいプラスチックなので、ハサミでも注意深く作業すれば綺麗にカットできます。また今回のSIMは端子が3つなので、IC部分を切断しなくてもnano SIMサイズにすることができ、安心して作業することができます。

nano SIMサイズにカットしたSIMがこちら。雑な加工ですが、これでもちゃんと動きます。

f:id:alstamber016:20141004180038j:plain

カットしたSIMをiPhoneのSIMスロットに入れます。

f:id:alstamber016:20141004211557j:plain

iPhoneを自社で販売しているキャリアと違って、SIMを刺しただけでは通信できるようになりません。「設定」→「モバイルデータ通信」→「モバイルデータ通信ネットワーク」からAPNを設定する必要があります。イーモバイルLTEのAPNは、ネットで検索すればたくさん出てくるので、それを入力します。「LTE設定(オプション)」の項目にもAPNを入力しないと通信できないので、注意です。

うまくいくと、左上のアンテナピクトが圏外から「Y!mobile LTE」に変わります。

f:id:alstamber016:20141004212030p:plain

まとめ

通信速度制限が緩いとされている旧イーモバイルLTEの回線をiPhoneで利用できるようになり、iPhoneの利用の幅が更に広がったように思います。現状4キャリアの回線をフルに活用でき、VoLTEやCA、TD-LTEといった最新技術にもきっちり対応している端末はiPhoneのみです。いわばスマホ界のアーミーナイフのような存在として、iPhoneを一台持っておく価値は十分にあると思います。

*1:docomoの東名阪バンドは割と空いていて速度が出ることで知られているので、それに固定して掴ませられるという点ではうれしいかも