読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Kohaku Lab

ガジェットとカードが好きな人のブログです。

iPhone 6のカメラが死亡したのでGenius Barに行ってきた

買ったばかりのiPhone 6のメインカメラがお亡くなりになってしまったので、早速銀座のApple Storeに行ってきました。

銀座へ

土曜日ということもあってか、すれ違うのもやっとというほどに混雑していました。表参道店が開店して少しはましになったのかと思ったのですが、あまり変わらなかった模様です。ご存じの方が多いとは思いますが、各Apple StoreにはGenius Barというサポートカウンターが用意されています。修理などの受付はこちらになります。銀座のGenius Barは4階にあるので、エレベーターを使って4階に直行します。

Genius Barも混雑はしていたものの、1階の混雑よりはマシといった印象。Genius Barの予約キャンセル待ちと思われる人々が列をなしていましたが、僕は予約をしていたので、受付係の店員に予約の旨を伝えて、指示された席で暫く待つことに。

Genius Barは、店員が足りてないようで、予約したにも関わらず20分ほど待たされた後、自分の番になりました。iPhoneを始めとしてApple製品のユーザーは増えているのだから、Genius Barのスタッフ数ももっと増やすべきなのでは……と思うのですが。

素早い対応

自分の番になってからは早くて、軽く状況を説明すると、

「せっかく新しいiPhoneを手にされたばかりにも関わらず、ご不便をかけたことをお詫びいたします」

などと謝罪をされ、とくに本体の状況を調べることもなく、その場で本体交換対応となりました。同時にApple Care+に入っていることも確認したようで、

Apple Care+にも加入いただき有り難うございます」

とお礼を言われました。主観ですが、Appleという企業は、Apple Care+などの保証に入っている客に対しては特に親切な気がします。まあアメリカの会社というか、資本主義的というか、割り切っていてこれはこれでよいと思います。

ただ、薄々感じていた嫌な予感があたってしまい、現在交換用の在庫はないとのこと。そりゃ発売直後かつ品薄とされるSIMフリー版の交換用在庫なんてそう都合よくなかったわけです *1。「1週間以内には入荷するので、その際にApple IDのメールアドレスに連絡します」とのことだったので、承諾。通信ができないとか、画面が映らないとか致命的な問題でもないですし、1週間ぐらいなら待ちましょう。

「連絡が来たら再びGenius Barの予約が必要か」と聞いたところ、「発行するサービス見積書を持参すれば予約なしで交換品を渡します」とのこと。また待たされるのは正直嫌だったので、迅速な対応をしていただけるようで助かります。

iPhoneは、3Gからずっと使っていたけども、このようなトラブルに遭遇したのは実は初めて。トラブルが起きないに越したことはないけども、トラブルが起きた時もなんとかなるという安心感があるのは、良いことだなと感じました。ただ、Genius Barの混雑が慢性化しているように思えるので、スタッフを増員するなどの対応をしていただければ、なお嬉しいかなと思います。

*1:キャリア版ならその場で交換してもらえた可能性はありますね